えさし藤原の郷について

世界文化遺産 「平泉」に至るゆかりの地「えさし」。 平安浪漫薫る壮大な歴史公園

奥州藤原氏初代清衡生誕の地であり、清衡が平泉へ移るまで暮らし、平和都市平泉の構想を思案した地、奥州市江刺に歴史公園「えさし藤原の郷」はあります。世界文化遺産平泉からほど近い場所にある「えさし藤原の郷」は奥州藤原氏の偉業を顕彰しながら、古代から中世にかけての東北の歴史文化を体感できるテーマパークです。

約20ヘクタールという日本初の壮大なスケールで現代によみがえった園内には、厳密な時代考証に基づいた120棟余りの歴史的建造物を再現。多くの大河ドラマや映画などのロケ地としても活用されてきました。また、隣接する「えさし郷土文化館」と併せ見学することで世界文化遺産「平泉」の歴史的価値をさらに深めることができるでしょう。

【世界文化遺産 平泉】
今から800年余りの昔、陸奥と呼ばれた東北に奥州藤原氏によって燦然と輝く一大都市・平泉が誕生しました。初代清衡は戦のない平和な国を目指して中尊寺に金色堂を建立し一大伽藍を造営。その遺志を継ぎ二代基衡、そして三代秀衡の時代までおよそ100年の間、仏教によって東北全土に平和をもたらしました。 奥州・藤原氏が一貫して貫いた浄土思想が、2011年6月、ユネスコの世界文化遺産登録につながりました。

藤原の郷紹介写真

「えさし藤原の郷」は、みちのくハリウッド

歴史文化を訪ねて 江刺、そして平泉へ。

ページの先頭に戻る